目的に合った英語の勉強法

目的別 英語の勉強法

初心者の英語と勉強方法

英語に馴染みのない人にとって、それをどう学んでいいかは容易く分かるものではないでしょう。
中学校で習ったとはいえ、その知識がそのまま大人になった際に役に立つわけでもありません。
ほとんどの人は、英語が話せないからといって特段困ることはありません。
英語学習が重要になるということは、それだけ英語を話したいという欲求が高まっているからなのです。
仕事をする上で必須だという場合に必要なのは言うまでもありません。
日本では学校教育において英語学習が行われていますが、アメリカに行った場合に、現地の子供にさえ話している英語が理解できないと言われることが多数あるようです。
確かに、日本の英語教育を受けただけでは英会話ができるようにはならないでしょう。
それは、教育の方法が間違っているのではなく、その目的が異なっているからなのです。
自分で英語に対して初心者だと自覚がある人は、学生時代に英語の成績が芳しくなかったのでしょう。
そういった過去は頭から置いておいて、新たな、まっさらな心構えで英語学習に取り組む事が大切です。
英語での会話においては、文法云々よりもその場に合った言葉を使うことが大切です。
言葉はコミュニケーションの手段として存在するのであって、何も学校の試験を受けているわけではないのですから。
そこに飛び込むのが、日本人にはなかなか勇気がいることなのです。
なので、逆に初心者のほうが早く英語に馴染めるのではないでしょうか。
英語の知識が入ってない分、飲み込みが早いのです。
現代は、インターネットという便利なツールで手軽に英語を聞くことができます。
たった3ヶ月で英語をマスターするなんてことも現実的に十分あり得る話なのです。
初心者だからといって身構えることなく積極的に口に出来れば、英語というものは簡単に身につけることが出来るのです。

リスニング、えいごについて

英語のリスニングというものは、その勉強方法がとてもわかりにくいものでしょう。
最近では、英語の試験にもリスニングが出てきます。
これはどういった方法で勉強をするのが適切なのでしょうか。
従来の日本では、英語学習でも筆記、読解に重点を置いた方法が主流でした。
従って、英語を話したいという思いがあっても、その大半が実際に話すことは困難だったのです。
ですが、英会話教室や独学といった方法をとって英語を話すことができるようになった人も一定数存在します。
それでは、学校学習においてのリスニングはどういう方法で勉強すれば良いのでしょうか。
なれない言葉を聞き取り、発音しようとすることに一生懸命になりすぎて、リスニングというものに対して逃げ腰になってしまっている傾向があります。
ここはもう、リスニングに対しての意識を根底からくつがえす必要があります。
まず、英語というものはコミュニケーションをするためのツールに過ぎないのです。
習った通りにきちんと書いたり話したりすることが出来ればいいという訳ではないのです。
意思の疎通が出来れば目標は達成できているのです。
極論を言ってしまえば、文法などわからなくてもいくつかの単語とジェスチャーで分かり合えれば良いのです。
そんなに生真面目に取り組まなくても、肩の力を抜いてリスニングする方が結果効果が高い方法だという意見もあります。
意外にもこれはとても重要なことを言っています。
一字一句全てを聞き取らなくても、ポイントを抑えさえすれば大まかな意味が理解できるのです。
日本人は、聞いた英語を文章に変換し、文法に当てはめられないと理解できなくなってしまうのです。
そうではなく、重要な単語から聞き取ることから初めて見るのを推奨します。
ミュゼ八王子

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ